この空の、海の、全てが貴方に可能性をもたらすだろう。生存せよ、探求せよ。  その命に最大の成果を期待する。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
オフィ更新 その2
2010-01-15 Fri 01:55
大阪CS入賞デッキのレシピ公開。
速報いらないからまとめてやってほしいなぁ。


続きからどぞ。


Aブロック
1位 カウンタージャジャトリア

K29さんも作ってた流行り?の赤重。まさかゾディ・アックがレシピに載るとはねw
なんつーかやれることをものすごく増やしたカンクスって感じ。それも後半のコントロールクシィと呼んだ方が良かったような頃の。今はカリスマリーダ(勝手に命名)でカウンターしつつ破壊とかすごく嫌らしいことができるけど。

個人的に目を引いたのは新密約と鈴音が3枚なところ。青赤からずっと続いてるけど、カードパワーが上がってる現状、内調とかで序盤から引くカードの密度を上げるより、後半大量に引いてりゃ勝てるって理論なんすかね。
嫉妬はプリベントが低くなってきてるのと白が増えてきたことを踏まえてでしょうか?これから青が増えていくフラグと取りたい。


2位 黒単TR
流行りのタシロではなく野心型。攻撃されなけりゃデメリットはないし、ハンデス喰らってもセットカード落とせりゃ儲けもんぐらいのスタンスのようで。個人的に搦め手が焼きからハンデスに変わった緑中を見ているような気分。あとメイン内部分裂はもうお約束。


3位 青タッチ黒13独立部隊
移動対策でタッチ黒。確かに緑もほとんどいなくなってる現状移動さえ対策してしまえばガンダム隊だしなんとかなるか。この間コドマとも話してたけど、やっぱり青で勝とうと思ったらこの形になるんだよねぇ。
というかサイドが黒を混ぜてるおかげで幅広く弱点をカバーできてるかなりすごい構築。
基本公開情報で戦うデッキなんで、形勢逆転とか文字通りの働きしそう。捲土重来対策に反撃の好機とかは思いつきもしなかったw 赤も増えてきたし検討する必要ありますね。

個人的にはピピニーデンさんが活躍してて嬉しいですw
といっても17弾の方じゃないけれどw



Bブロック
1位 捲土ツヴァイ

福岡と比べるとドローを減らして対策カードを増やした感じ。
大きな損失はラスシュー対策かな?


2位 マリーダクロボン
アンカーとかでマリーダを使い捨てしまくるデッキ。
GWのマリーダの扱いって原作よりもひどい気が(ry

4ターン目から「計11点ダメージで(キリッ」とか言えるデッキがG破壊までやったらそりゃ勝てるワナ。


3位 
多分微妙に間違ったネーミングですねw これでもかってくらい取り除きカードが多いからさ…
つーかなんだろな、クロボンや捲土ツヴァイといったメタの中心にいるデッキ以外はどれだけ相手の思考の外にあるカードをうまく使えるかで勝負してるような気がします。


Cブロック
1位 Zプラス

いや、まぁ、どう考えても青赤13独立部隊なんだけど、本人がそう言ってますからw
Gは1枚もないのに赤発生源は8枚もあるのか…ヴァリアブル蝶偉大。Gの枚数に関しては、そもそもG-6なんだけどねw

あとサイドの憎悪の矛先がとてつもなくカッコいい。


2位 バーサーカーMF
台湾ではシャイマスを頂点とした形のMFも入賞してましたが、日本では相変わらずMFといえばこの形。危なくなったら破滅って言えるのはやっぱりずるいよね(´・ω・`)2枚しか入っていないように見せてドロソやヴァリがかなり破滅を意識した選択になってるし。


3位 マリーダクロボン

デッキ名も一緒だし多分Bブロック2位の方とのお仲間。デッキ内容もカリスマ・故障の枚数、雲散霧消・重力の恐怖の有無とか一時期の青赤並みの誤差なんで割愛。




ほとんどのデッキは予想通りだったんだけど(赤・黒・茶の3すくみ)、こんなにガンダム隊が入賞したのは意外でしたね。なんだかんだで強いよなぁ、このデッキタイプ。青で頑張るなら結局ここに行きつくというね。またガンダム隊でデッキ考えてみますかね、それでは ノシ


別窓 | オフィシャル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<検察ガンバレ | BlueLight-Heart | オフィ更新>>
コメント
∧top | under∨
コメントの投稿
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
∧top | under∨
| BlueLight-Heart |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。